経営企画とは?仕事内容・年収・スキル・将来性について分かりやすく解説

記事内に商品PRが含まれる場合があります

こんにちは。“ぱぶろう”です。

経営企画部の責任者として働いています。

この記事では経営企画の仕事に興味がある。詳しく教えて欲しい。という要望に、お応えします。

経営企画は、組織や会社が中長期的な目標を設定し、それらの目標を達成するための戦略や計画を策定するプロセスを指します。

組織全体の方向性を決定し、資源の配分や行動計画を計画するために重要であり、経営陣の意思決定をサポートするのが、経営企画部で働く人の役割になります。

この記事では、経営企画の仕事内容、年収、スキル、将来性について分かりやすく解説します。

経営企画について詳しく知りたい方は、参考にしてください。

目次

経営企画の仕事内容

経営企画の仕事内容は、以下のようなものが含まれます。

目標を設定する

経営企画の最初のステップは、組織が達成したい中長期的な目標や成果を設定することです。

目標には、収益増加、市場シェアの拡大、新製品の開発、コスト削減など多岐にわたることがあります。

環境を分析する

経営企画の成功には、組織が運営する環境を評価することが不可欠です。

市場動向、競合状況、法規制、技術の進化など、外部環境の要因を分析し、内部環境も評価します。

戦略を立案する

目標と環境分析の情報をもとに、組織が長期的な方向性を決定する戦略を策定します。

戦略は、組織の競争優位性を強化し、目標達成をサポートするための計画です。

アクションプランを立てる

戦略を具体的な行動計画に落とし込みます。

これには、予算編成、プロジェクト計画、責任の割り当て、期限の設定などが含まれます。

アクションプランが予定どおりに進んでいなければ、状況に合わせて、スケジュールの見直しをおこないます。

モニタリングと評価をする

経営企画が実行される過程で、進捗状況をモニタリングし、必要に応じて調整を行います。

成果を評価し、戦略や計画の効果を定期的に評価することが重要です。


経営企画は、組織が長期的な持続可能な成功を達成するために不可欠なプロセスであり、経営陣や経営層が参加し、意思決定に影響を与える重要な役割を果たします。

経営企画を通じて、組織は変化する環境に対応し、戦略的な優位性を確立するための方向性を確立し、実行するための計画を立てます。

経営企画の年収

経営企画の年収は、様々な要因によって大きく異なり、地域、組織の規模、業界、個人の経験やスキル、職務の責任などに影響されます。

以下は、経営企画の年収に関する一般的な情報ですが、これはあくまで目安として考えてください。

初級レベル

経営企画の初級ポジションでは、一般的には、約220万円から550万円程度とされています。

これらのポジションでは、経験が浅く、まだ高度な戦略的責任を負っていないことが一般的です。

中級レベル

中級の経営企画担当者は、経験とスキルが向上し、より戦略的な計画とプロジェクトを担当します。

年収は約550万円から1100万円程度になることがあります。

上級レベル

上級の経営企画担当者やチーフ・ストラテジー・オフィサー(CSO)など、高い戦略的責任を持つポジションでは、年収が1100万円以上に達することがあります。

一部の組織、特に大規模で国際的な企業やコングロマリットでは数100万ドルに近い高年収が支払われることもあります。


経営企画の年収は、個々のケースによって異なるため、具体的な給与は組織や職務で変わってきます。

キャリアの進展やスキルの向上を追求することで、年収を向上させることができるでしょう。

また、交渉力や市場需要にも影響されるため、適切な情報収集や交渉スキルも重要です。

経営企画のスキルと知識

経営企画において成功するために必要なスキルは多岐にわたり、以下に、経営企画で重要なスキルの一部を紹介します。

戦略的思考

経営企画は組織の長期的な方向性を決定する役割を果たすため、戦略的な思考能力が不可欠です。

組織の目標や市場動向を分析し、戦略を立案するための視野を持つ必要があります。

分析力

データ分析や市場調査など、豊富な情報から洞察を得る能力が求められます。

数値データやトレンドを理解し、意思決定に活用できるスキルが重要です。

コミュニケーション能力

経営企画担当者は組織内外のステークホルダーと連携し、戦略を伝え、協力を促進する必要があります。

優れたコミュニケーション能力が重要です。

プロジェクト管理能力

経営企画はプロジェクトやイニシアティブを管理することが多いため、プロジェクト管理スキルが必要です。

タスクのスケジューリング、リソースの配分、進捗の追跡などを効果的に行う能力が求められます。

財務知識

経営企画は予算編成や資本予算の策定など、財務に関連したタスクを担当することがあります。

財務知識や財務モデリングのスキルがあると役立ちます。

クリティカルシンキング

問題を分析し、慎重に評価し、意思決定に必要な情報を収集する能力が必要です。

また、異なる視点から問題を考え、新たなアイデアを発展させるスキルも重要です。

チームワーク

経営企画は通常、組織内のさまざまな部門と連携して戦略を実行します。

協力し、チームと協力して目標を達成するための協調性が求められます。

変化への適応力

経営企画は環境の変化に対応する必要があります。

新しい情報やトレンドに敏感で、柔軟に対応できる能力が重要です。

プレゼンテーションスキル

戦略や計画を他のステークホルダーに説明し、納得させるためのプレゼンテーションスキルが必要です。


これらのスキルは、経営企画の役割に応じて異なる場合がありますが、一般的なガイドラインとして役立つでしょう。

経営企画担当者は、多くの場合、戦略的な役割を果たし、組織の長期的な成功に影響を与えるため、幅広いスキルセットが求められます。

経営企画の将来

経営企画の将来性は高いと考えており、その要因を以下に挙げます。

戦略の重要性が増す

経営企画は組織の長期的な方向性を策定し、競争力を強化するための役割を果たします。

競争が激化し、市場環境が変動する現代において、戦略的な思考と計画はますます重要となっています。

そのため、経営企画の役割は将来においても高い需要が予測されます。

データ起点の戦略が必要になる

データの利活用がますます重要視される中で、経営企画はデータ分析や予測モデリングなどのスキルを活用して戦略を支える役割を果たします。

データ駆動型の戦略立案がますます一般的になることが予想されます。

事業拡大と国際化への展開

グローバル競争が激化する中で、経営企画は新規市場への進出や国際的なビジネス展開をサポートする役割を担います。

国際的な展望を持つ経営企画担当者は重宝されます。

デジタルトランスフォーメーションの推進

デジタル技術の進化に伴い、経営企画はデジタル戦略の策定と実行において重要な役割を果たします。

デジタルトランスフォーメーションを推進し、新たなビジネスモデルを探求することが求められます。

環境への配慮が求められる

持続可能性や社会的責任に対する関心が高まっている中で、経営企画は組織の持続可能性戦略を策定し、環境への配慮を取り入れる役割を果たすことが重要です。

人工知能(AI)と自動化の活用

一部のルーチンなタスクは自動化されつつありますが、経営企画の役割は人間の判断力や戦略的思考が不可欠です。

AIを活用してデータ分析を強化し、意思決定をサポートすることが可能です。


経営企画の将来性は、組織が変化に適応し、戦略的な優位性を維持するために不可欠な役割を果たすため、依然として高いと考えられます。

しかし、競争が激化する状況下で、経営企画担当者は新しいスキルや知識を継続的に習得し、変化に対応する柔軟性を持つ必要があります。

経営企画の将来性を最大限に活かすために、終身学習とトレーニングが重要です。

まとめ

経営企画の仕事内容、年収、スキル、将来性について解説しました。

経営企画の仕事は、戦略的思考と多くのビジネススキルを活用する機会を提供し、組織の成功に直接貢献できることから、多くの人にとって魅力的なキャリアだと思います。

以上です。 

目次