フォーキャストとは?ビジネスでの意味や使い方について解説

記事内に商品PRが含まれる場合があります

こんにちは。“ぱぶろう”です。

経営企画の仕事に就き、予算管理の仕事を始めてから、“フォーキャスト”という言葉を知りました。

フォーキャストとは

一般的には「予想や、見込み」という意味で、事業の予算計画、営業部門の業績目標など、様々なビジネスシーンで使われている言葉で、フォーキャスト管理とも言います。

ビジネスでは、予算に対する実績の着地予測や、営業部門の業績予測など、目標と現在のズレを把握するのに使います。

フォーキャストの流れは、以下の順でおこないます。

  1. 現状での確定値を出す
  2. 客観的に着地点を予測する
  3. ギャップを把握する
  4. ギャップを埋める施策を立案する
  5. 施策を実行する

図であらわすと、下記のとおりです。業績目標は2,000万と仮定しています。

フォーキャストをすることで「現状だと目標達成ができない!」などを判断し、必要な施策を講じていきます。

ギャップを埋める策を講じることを、ビジネス用語では「ギャップフィル」と言います。

数字責任を持つ担当者は、現状とのギャップを正確に把握し、ギャップフィルを進めていくことが、仕事になります。

目次

フォーキャスト管理を学べる資料【無料】

まず、基本を学ぶなら、無料でダウンロードできる、以下の資料が、おすすめです。

営業部門向けですが、事業責任者などで、数値の管理をしている方は、ぜひ読んで欲しいです。

ギャップフィルについての解説もあり、かなり充実した内容です。

フォーキャスト管理を学べる記事

フォーキャスト管理の記事も紹介しておきます。

売上予測に関する、下記の記事も、おすすめです。

ぜひ読んでおきましょう。

フォーキャスト管理・売上予測のツール

ツールをつかえば、手間も少なく、なおかつ正確で、とても便利です。

ツールの種類は、下記のMA・SFA・CRMの3つがあります。

  • MA(Marketing Automation)
  • SFA(Sales Force Automation)
  • CRM(Customer Relationship Management)

細かな、機能については、割愛しますが、私はCRMツールのハブスポットを使っています。

詳しく知りたい方は、ハブスポットのブログ記事「SFA(営業支援システム)とは?基本機能や活用事例まで解説」を参考にしてください。

ただ、使いこなせないと、無駄ツールになってしまうので、不安な方は、エクセルやスプレッドシートから始めても良いです。

下記のテンプレートなど、とても良くできているので、おすすめです。

まとめ

フォーキャストは、ビジネスマンなら、必ず身につけておきたいスキルというか、常識の1つです。

事業責任者クラスでも、フォーキャスト管理をできいない人が多いです。

これは、上司が業務の1つとして指示をしていないのも理由にありますが、ビジネススキルを成長させていなら、自発的に管理をするようにしましょう。

予算管理についてのおすすめ本を、下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。

目次